本文へスキップ

測量士・測量士補の資格取得方法

測量士と測量士補の資格取得

測量士(補)とは

測量士補

測量士とは、「測量法」という法律の中で規定されています。

そこでは、測量士や測量士補は、測量の技術者であり、「基本測量」「公共測量」を行うことを国に認められた技術者であるとされています。

ここでいう、基本測量というのは、すべての測量の基礎となるもので建設省国土地理院が行う測量であり、公共測量とは、国や公共団体が行う測量である。

こうした測量の仕事を行うことができる技術者を測量士・測量士補といいます。

もちろん、測量士・測量士補の資格を持っていれば、民間の会社で基本測量や公共測量の仕事に従事できますし、測量業を営むには測量士や測量士補の資格は不可欠であるといえます。

では、測量士と測量士補の違いとはなんなんでしょうか。

単純に、その名の通り、測量士を補う人が測量士補といえますが、厳密には次のように規定されています。

「測量士は、測量に関する計画を作成し、または実施する。測量士補は、測量士の作成した計画に従い、測量に従事する。」

つまり、測量士は測量士補の仕事を兼ねることができるが測量士補は、計画の部分の仕事はできないということです。



測量士補の資格を取る

測量士補の資格取得

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒