本文へスキップ

測量士・測量士補の資格取得方法

測量士と測量士補の資格取得

測量士・測量士補の仕事

測量士補

土木建造物を建設する際の最初の仕事が測量士の仕事です。

土地の位置、高さ、長さ、面積を測り、さまざまな計画の基礎となるデータを取得します。

ダムや橋、道路、鉄道、トンネル、ビル、家屋等、あらゆる建設工事において、まず最初に行う作業が測量で、工事予定地の正確な位置(座標)・高さ・長さ・面積等を専門的な測量技術を使って測定し、現状図面等を作成します。

具体的には、屋内でする事務系の仕事「内業」と屋外でする測量などの「外業」に分けて説明することが多く、以下にそれぞれ説明します。

 

◆ 内業
事務所での事務作業のことです。効率的で正確な測量のために、まずは事前に作業計画・測量計画等を立案します。測量後は観測したデータをPCに保存し、さまざまな計算を行った後、測量ソフトを利用して図面作成を行います。図面が完成するとプロッターという製図機器で描画し、必要部数を複写機でコピーします、必要な捺印をほどこして書類を完成させ、依頼人に交付します。

 ◆ 外業
屋外で行う実際の測量作業のこと。2〜5人のチームを組み、トランシット、トータルステーション(光波測距儀)、レベル、アリダード、グローバル・ポジショニング・システム(GPS)、関数電卓等の専門器具を使って、測量を行い、データをメモリに保存します。計測場所は街中、山、海峡など様々です。またGPS技術により、測量の効率化は飛躍的に進んでいます。

土木測量…建設時に必要になる測量。いろんな専門器具を駆使して計測します。

地図測量…地図作成のための測量で航空写真を元に作図します。

地籍測量…個人や法人の所有する土地の広さを正確に測ります



測量士補の資格を取る

測量士補の資格取得

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒