本文へスキップ

測量士・測量士補の資格取得方法

測量士と測量士補の資格取得

測量士補受験者の本当の狙い

測量士補

測量に関する資格は、測量士・測量士補のほかに土地家屋調査士があります。

どちらも測量に関する資格ではありますが、測量士や測量士補が基本測量や公共測量に従事することができる測量の技術者であるのに対し、土地家屋調査士は、土地又は建物について表示の登記をする際にその申請手続きを代行することを専門とする人です。

その中で、独立開業できるなどの資格そのものの魅力がないのは、測量士補であるといえますが、実際に年間の受験者が一番多いのは測量士補の試験です。

もちろん、測量を生業としようとする人にとっては、まずは測量士補をという人もいますが、あるアンケートの調査によると土地家屋調査士の資格を将来的に狙っているという人がおよそ8割近くいるそうです。

それは、測量士補の試験の合格率が最も高く、かつ測量士補の資格を持っていれば、土地家屋調査士の試験のうち測量に関する科目の試験が免除になるという特典がついているからなんです。

逆のデータでは、土地家屋調査士の受験をする人で測量科目の受験免除の資格を持たない人は1%にも満たないというデータもあります。



測量士補の資格を取る

測量士補の資格取得

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒