本文へスキップ

測量士・測量士補の資格取得方法

測量士と測量士補の資格取得

多角測量とは

測量士補


三角測量と同じように基準点を設けて測量をするもう一つの方法が多角測量である。

地上に設置されたいくつかの点を次々と折れ線上に連ねていき、それぞれの辺の長さを巻尺で測り、各店における狭角トランシットで測れば各店の位置が求められる。これが多角測量である

多角測量も三角測量と同じように基準点を求めるが、その精度は三角測量の方が高いのが一般的です。

だから、広範囲の地域を測量する場合には、その基礎となる基準点を三角測量で決定し、その中の細部の基準点を多角測量で決めることになります。

三角測量と異なり、都市部の住宅密集地でも観測可能で人手は要りませんが観測地点が多くなるため、何回もトータルステーションを据え付けることになります。

多角測量は別名トラバース測量とも呼ばれ、精度の度合いは多角路線と言う観測路線の形によって決まります。

GPS測量が登場するまではこの測量が主体で、かつての伊能忠敬もこの測量を使っていました。


測量士補の資格を取る

測量士補の資格取得

どんな方法で勉強すれば試験に合格できるか

不安な気持ちを持っておられませんか?

資格試験に合格するために重要なことは
大きく分けて3つの大切なコツがあります。
そのコツとは・・・
こちら⇒